fxの最大の特徴と言われているのがレバレッジ。レバレッジとは、日本語では「てこ」を意味します。
「てこ」の名のとおり小さな資金で大きな金額を動かすことができるのです。少額で投資を始めたい人にとっては非常に便利な仕組みです。
fxでは自己資金を「証拠金」として口座に振込みます。その証拠金とレバレッジの倍数によって取引ができる額が決定するのです。例えば10万円を証拠金としてレバレッジを10倍に設定すると、100万円分のfx取引を行うという仕組みです。初期投資が少ないとスプレッド(手数料)などが相対的に多くかかってしまうのでなかなか資金を増やすことができません。このレバレッジをうまく活用することで株式投資などよりも一気に早く資金を増やすことも可能となるのです。
しかし、レバレッジは大きな額の取引ができるので投資に失敗してしまったら自己資金がマイナスになってしまい、負債の額も非常に大きくなってしまいます。
最近ではレバレッジのかけ過ぎによって多大な負債を追ってしまった人が増えてきたため、レバレッジの大きさに制限がかけられるようになってきました。
一攫千金を狙ってむやみに高レバレッジで取引を行うのはやめておいたほうが無難です。
高レバレッジに設定していると為替の変動が一気に起こったときにごくごく短期間で口座に入金していた自己資金がつきてしまい、口座の残高がどんどんマイナスになってしまうということがあります。
このことを未然に防ぐための仕組みがマージンコールです。
マージンコールは資金がある一定の割合以下になってしまった時にFX業者が投資家に発する警告のことをいいます。このマージンコールを受け取ってすぐにポジションを放棄するなどの適切な対処を行えば、資産の減少を最低限に留めることができるでしょう。マージンコールに気づかずにさらに資金が減り続けた時には、FX業者が取引をすべて停止する「ロスカット」が行われることになります。