FX(外国為替証拠金取引)を始めようと思われている方々は、FXのメリットばかりに気を取られているのではないでしょうか?
FXは大変魅力的なサービスです。
お金という皆さんが良くご存知の商品の売買取引をするので、株式投資などの他の金融商品に比べれば、FXは始めやすいサービスだと思います。
でも、FXに潜むデメリットを意識して、取引している方々は少ないのではないでしょうか。
今からFXを始めようと考えられている方々は、下記のデメリットを理解したうえで、FXを始められては如何でしょうか。
1. 元本保証がない為、元本割れする危険性がある。

2. 儲けは大きいが、損失も大きい。
3. FX業者が倒産すると全額証拠金が返還されない事もありうる。
4. 為替相場の変動する事により、購入した外貨の価値が下がることがある。
5. スワップ金利を支払わなければならないことがある。
1. 元本保証がない為、元本割れする危険性がある。
FXには元本保証がありません。
FXを始める時に、100万円の運用資金があっても、その運用資金が、50万円になってしまう可能性があるという事です。
2. 儲けは大きいが、損失も大きい。
FXでは、手持ちの運用資金以上の金額で、外貨の売買ができます。
例えば、100万円の運用資金で、500万円分の外貨の取引が可能になったりするわけです。
この場合、取引額が多くなった分だけ、儲けも大きくなります。
しかし、損をした場合は、100万円以上の損失もありうるという事を認識しておく必要があります。
負けた場合は、100万円の運用資金を失う事は仕方がないとしても、それ以上に借金をしてしまう可能性があるという事は肝に銘じておいてください。
3. FX業者が倒産すると全額証拠金が返還されない事もありうる。
FXの運用資金を預かっているFX業者が倒産するという可能性を考える事は、きっと少ないと思います。
もしFXの運用資金を預かっているFX業者が倒産したら、FXの運用資金(証拠金)が全額返還されない場合もありえます。
その可能性を考えるならば、しっかりとしたFX業者を選ぶという事は、大変重要な事です。
売買手数料が割安など、目先のメリットにとらわれがちですが、しっかりと安定した企業運営をしているFX業者でFXをするという事が、このデメリットを軽減するという事を認識しておいた方が良いと思います。
4. 為替相場の変動する事により、購入した外貨の価値が下がることがある。
FXを始めようと考えていらっしゃる方々は、常に購入した外貨の価値が下がるというリスクがあるという事は、十分にご理解できていると思います。
為替レートは、常に変動するので、このリスクをコントロールする事は不可能です。
このデメリットを認識したうえで、外貨の売買ルールをご自身で決めて戴ければ、きっと上手くリスクコントロールができる筈です。
5. スワップ金利を支払わなければならないことがある。
金利が異なる2種類の通貨を売買した際に発生する金利差を、「スワップ金利」と言います。
例えば、日本円の金利を0.1%、豪ドルの金利を2.0%とします。
この時、日本円を売
って豪ドルを買う場合、「2.0%-0.1% = 1.9%」の金利が収益となります。
もし日本円の金利が2.0、豪ドルの金利が0.1%となり、日本円を売って豪ドルを買う
と、「2.0%-0.1% = 1.9%」の金利が損失となるわけです。
FXは大変魅力的なサービスですが、そのデメリットを認識しないままFXを始めてしまい、大きな損失を被ってしまう方々も多くいます。
FXを始める際には、メリットだけではなく、デメリットも十分理解したうえで始めていただければと思います。