FXでは、どのようにトレードをしていくべきかという点が問題になります。
なぜなら、24時間相場が開いているだけに、トレードの自由度が高いからです。
FXでは、単発で勝つ分には、それほど難しくありません。
実際、私がFXを始めてから、大きく勝つことがそれなりにありました。
ところが、それが月間成績となると、とたんに赤字になっていたのです。
とても不思議な話ですが、これは欲が出てしまって、トレードをするべきではない場面で無理をしてしまったからです。
そのせいで、月間成績にも大きく影響していました。
つまり、一定期間の成績として、FXで勝つには、相場との距離に注意するべきなのです。
常に相場に張り付いていたら、誰だって疲れきってしまいますし、不必要なトレードをしてしまう恐れがあります。
だから、現在の私は、トレードを行う時間帯を予め決めています。
そうするようになってから、月間成績はかなり改善されたので、正しい判断だったのでしょう。
1日の中では、相場が大きく動く時間帯があります。
この時間帯でトレードを行えば、他の時間帯よりも効率の良いトレードが可能です。
そこで、私は、その大きく動く時間帯の一部だけに絞って、それ以外はいっさいトレードしないようにルールを決めたのです。
そのおかげで、常に冷静な状態でトレードができるようになりました。
もっとも、それ以外でも、相場との距離を保つ方法はあると思います。
例えば、トレード回数を予め決めておくというのも、かなり効果があるでしょう。
自分なりに守りやすいルールを考えて、うまく相場と距離を置くことをお勧めします。