FXでトレードをしていれば、
勝つ時もあれば負ける時もあります。
FXでは上がるか下がるかなのですから、
単純にトレードしていれば勝率は50%になるはずです。
ところがなぜか負け続けることもあるわけです。
マーチンゲールなど、
負けたら倍倍と賭け金を増やし続ける手法もありますが、
それで勝てるとは限らないわけです。
いかにして勝率を上げるかがFXで勝つためには必要になりますが、
小さい負けがたくさんあってもドカーンと勝てばそれでいいのもFXです。
勝率を上げたからといって利益が上がるわけでもありません。
ならその1勝に賭けるという方法も有効なわけです。
たまに来るビッグウェーブに乗れれば、
それまでの小さな負けを取り戻して余りあるということになります。
その1勝をものにするには、
なぜ負けたかを研究するのも大切ですが、
なぜ勝てたのかを検証するのも同じくらい大切です。
人は負けた時は必死で勉強するものなのに、
勝った時は勝てたという喜びの方が大きく勉強する気にならないもののようです。
勝った時も負けた時と同じく勉強をするべきです。
そして、その勝つを再現することに努めるべきでしょう。
自分の勝ちパターンをいつでも再現することができれば、
1勝でドカーンと儲けることもできるというものです。
勝って兜の緒を締めよという古い言葉がありますが、
それだけではなく勝因を検証することもたいせつです。
もちろん勝ちにもいろいろな要因があるでしょうが、
求めればなにがしかの結論を得られるのではないでしょうか。