fxの取引を行うときには為替の動きを表したグラフ、いわゆる「チャート」を見ながら行うのが一般的です。
fx業者が提供しているfx取引ツールには必ずfxチャートが示されており、刻一刻と移り変わる為替の値動きをリアルタイムで更新し続けてくれます。
このチャートは、時間の経過とともに変わる為替の値動きを区切ってグラフにしたものです。縦軸に為替の値、横軸に時間の経過が示されています。
fxチャートは折れ線グラフを用いたものと、ローソク足を表示したものがよく使用されます。
折れ線グラフは単純に為替の値の動きを繋いだものですが、ローソク足を使ったものはもう少し詳しく為替の変動を分析することができます。
ローソク足を使ったチャートはローソクのような形をした図がたくさん横に並んだグラフになります。ローソク足は長方形から上下に一本ずつ線が延びたような形をしています。
ローソク足は単位時間ごとの値動きを表したもので、単位時間の設定によりその形は変化します。
長方形の上下の辺はその時間における始値と終値を示しており、上に伸びた直線の端は最高値、下に延びた直線の端は最安値を表しています。
長方形が黒塗りになっているときにはその時間における始値が終値よりも高かったということを表しており、長方形の上側が始値、下側が終値となります。長方形が白抜きの場合には逆で、下側が始値、上側が終値です。
このローソク足は一目見るだけでその時間の始値、終値、最高値、最安値を知ることができる、fxや株式などの投資に非常に役立つツールなのです。
fxではこの折れ線グラフやローソク足を使ったチャートを用いて為替の値動きを予測し、利益が出るように資金を運用しなければなりません。
最も簡単な予測方法の一つとしてトレンドを知るというものがあります。トレンドラインというチャートの谷と谷(上昇トレンド)、もしくは山と山(下降トレンド)を結んだ線を用いて大体の値動きを知ることができます。