FXの税金対策の一つの手段として法人化があります。
法人化はメリットデメリットあるのですが、税金対策もメリットの一つです。
法人化した場合の税金は個人の20%に比べ30%と高いのですが、必要経費の幅が個人以上に認められる場合があるので私は法人化もいいと思っています。
たとえば、法人化するときの定款にFXだけではなく他の事業も行うとうたっておけば、FXで儲けた分をそちらに回して使うこともできます。
他に配偶者に社員になってもらって給料として儲けた分を支払ってしまうという手もあります。
給料は毎月払うものですから、勝ち負けにかかわらず出さないといけないのはデメリットです。
とにかく儲けた分は経費や給料としてみんな使ってしまう。
会社にお金を残さないのが法人税を節税するコツです。
残るから税金として払わないといけないので、税理士と相談してしっかり節税することです。
税理士は年度が始まる前に顧問契約を結びましょう。
月に1万円くらいかかります。
2か月に1度くらいは集めた領収書や、入出金記録、月間の損益計算書などを送ってチェックしてもらいましょう。
節税できるアドバイスがあればしてくれます。
年度が終わると締めをして申告しますが、これで18万くらいかかります。
つまり税理士には年間30万くらい支払わねばなりません。
その代わり、法人税として払うお金を節税してゼロにしてしまえば、年間固定費30万と見込めます。
税金対策はFXをやる上で必須です。
特に高いレバレッジが使えるからと法人化すると税務面で固定費が出ていくので注意が必要です。